重ね茶碗の扱い 亭主

重ね茶碗と言う事で二つの茶碗を重ねる。
重ね茶碗の扱い 亭主_d0377709_18581938.jpg

嶋台あたりは初釜で使う

茶碗は常の如く茶巾・茶碗・茶杓を仕込み、そのまま重ねて持ち出す。

点前座につき、いつもの如く茶碗の仮場所に置き、棚があれば棚の前に飾ってある茶入を少し客付に寄せ重ね茶碗の上の茶碗を両手で持って持ち直し、茶入の横に置き合わせる。(炉場合は左手・風炉の場合は右手)
以下、常の通り濃茶を点てる。
茶筅とうしのお湯は建水にあけずに寒い時なので仮置きした茶碗にあけて温まるようにする。
お茶を差し出し出し袱紗も添えて出す。
正客が取りき来た時、○○人分ですと言葉を添える。

正客がお茶を一口飲めばお服加減を尋ね、そのまましばらく待って、仮置きしてある茶碗を右手にとって左手に持ち替えてお湯を建水にあけて釜のお湯を汲んで茶碗を温めて、以下同様に残りの客の人数に応じてお茶を点てて茶碗を差し出す。この時は、茶碗のみで出し袱紗はありません。
二番目の正客が一口お茶を飲めばお服加減を尋ね、いつもの如く中仕舞いをして客付正面に回る。
一回目の正客からの茶銘と詰のお尋ねに答える。

末客がお茶を飲み吸いきったら炉前に戻り、中仕舞いを解く。

客より初めに二番目の茶碗が返りますので湯すすぎをして茶碗の仮置きの場所へ右手で置く。
その次に一番目の茶椀と出し袱紗が返り、いつもの如く出し袱紗を懐中に納めて茶碗を膝前に取り
総礼。
お仕舞いにいたします。

拝見に出す時は、仮置きしてある茶碗の上に重ねる。

by tsubakitei | 2020-11-16 12:02 | 茶道の精神

富山市常盤町9-5 本店℡076-425-5544 ■富山市八尾町東町2223  越中八尾店℡076-454-2366  https://www.tsubakitei.co.jp