2019年 05月 23日 ( 2 )

芍薬 山ちゃがら しらん 春先秋明菊 撫子
本日、私が正客
続いて花月は亭主をやり稽古を終えました。

稽古には5人が必要で七事式は
全員が進行方向に右足あるいは左足で三足引きで茶室を歩きます。
正客がお花を入れ
次客が炭点前をして
三客が香を焚き正客から順にお香をききます
亭主(東)
半東
常の如くお茶(濃茶)を点てるのですが
薄茶の場合はそのまま茶巾絞りをして続き薄となります。
東と半東の二人は踏み込み畳でのすれ違いもあり
且座ならではの見所もあります。
今回の次客は男性の為、半東は踏み込み畳に置く
建水の横に袱紗を置きません。

社中の皆さんはベテランですので安心して楽しんでます。
今回の東は男性教授資格者78才(お手本茶人)


d0377709_16201363.jpg
d0377709_16195762.jpg
火孔の前には聞き筋を一本入れます

d0377709_16210761.jpg
ハルザキシュウメイギク
d0377709_16202198.jpg
書:尋牛斎 久田 宗也
d0377709_16200520.jpg

by tsubakitei | 2019-05-23 16:26 | 茶道の精神

蝋梅

鉈籠(なたかご)花入
d0377709_13033004.jpg
今朝8時にお茶友達(藪内流教授)が少しお花を玄関の桶に入れてくれました。助かります。活け方がどうの?こうのより種類がいるので。まるで、料亭は毎日が且座(さざ)花所望のごとくです。

by tsubakitei | 2019-05-23 13:05 | お花

富山市常盤町9-5 本店☎076-425-5544 ■富山市八尾町東町2223  越中八尾店☎076-454-2366  https://tsubakitei.co.jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31