トクサでバリを取る
d0377709_13465689.jpg
丁寧に磨く
d0377709_13471593.jpg


d0377709_13464591.jpg
白竹
d0377709_13463318.jpg
猪の牙で磨く
d0377709_13474231.jpg
しっかりと磨く
d0377709_13461921.jpg
完成
d0377709_13461459.jpg
製作日数:最短で3日間 

by tsubakitei | 2018-05-27 13:53 | 茶道の精神 | Comments(0)

越中八尾 福鶴酒造

風の盆吟醸酒
きもと純米大吟醸ふくく
kazenobon namagensyu nigori活性酒
福鶴酒造

d0377709_19362452.jpg


新しき日本酒
kazeobon nigori

d0377709_19360920.jpg


ふくく

d0377709_19363441.jpg


風の盆吟醸酒

d0377709_19364440.jpg
福鶴酒造と懐石椿亭は大正時代からのお付き合いである。
先々代・先代・現当主三代に渡り
歴史ある八尾の酒を守り続けている。
その守り続ける点では、良きライバルでもあり盟友でもある。
現当主は東京農大醸造学部で酒造りをみっちり勉強してきた
エリートである。キレのある良い酒を造るから
一度、椿亭で呑んでみてください。

by tsubakitei | 2018-05-25 19:50 | 日本酒 | Comments(0)

山茶がら・どくだみ

本日 お茶の稽古で先生の床の軸
なかなかお目にかかれない直筆
名古屋表千家 吉田家五代
吉田尭文 号:紹村
1908年-1970年
d0377709_17133844.jpg
数々の茶の湯の著者
茶の湯とはやっかいなお点前も結構ありまして
ほとんどが相伝である。
久田宗也宗匠曰く
覚えようとすると忘れる。
その稽古の繰り返しが人生の鍛錬でもある。

時代がAIで変わろうともこの茶の湯は一向に変わらない。

宇宙観を取り入れた普遍的な世界なのである。

茶の湯ではお客さんに粗飯をお出ししますと言いますが
へりくだって言ってるだけで粗飯ではない。

庭木の葉っぱを一枚一枚拭き汚れを取り、障子、畳は入れ替えて、
庭には塵一つ無く、名水を汲みあげて
食材や器を吟味して、もてなす究極の会食は他にはありません。
茶人で板前と言う職業の大変さを痛感します。
実るほど頭を垂れる稲穂かな
人は謙虚な姿勢でなければいけませんね。
自分より凄い才能ある人間は、山ほどいるのだから・・・

d0377709_17133168.jpg

山茶がらを先生より頂きましたので椿亭の茶室に。

茶の湯とは、人を作り人格を磨くためのものかもしれませんな~。


by tsubakitei | 2018-05-22 17:21 | お花 | Comments(0)

実山椒 日本のハーブ

料理屋は朝倉山椒と言いまして棘のない山椒を使います
たくさんの種類の山椒が存在するのですか、山にあるのは犬山椒が多いかもね。
d0377709_09064321.jpg
生のまま実をはずすと灰汁で手が黒くなりますので
一度灰汁抜きをして実を一つ一つ外します。
d0377709_09062433.jpg
初夏を感じる清々しい香りと味
料理は因数((factor)です。
この実山椒も因数分解の一部ですね。


by tsubakitei | 2018-05-22 09:23 | 料理(懐石・茶懐石) | Comments(0)

こちらがダイアナ妃に献上された日本人形
d0377709_21364263.jpg
舞妓
d0377709_21365669.jpg
五月人形
d0377709_21361893.jpg

どれも一点の製作日数は12ケ月ほどだそうです
d0377709_21333328.jpg


d0377709_21331763.jpg
ほとんどの作品は海外に流失しました
d0377709_21355389.jpg
香合
d0377709_21334897.jpg


d0377709_21331763.jpg
作者:相原 靖子氏(雅号緋靖ひせい)
昭和13年生まれ 東京都
日本を代表する人形作家で石州流宗匠

この人形は100年たてば日本国の美術品・有形文化財になります。

by tsubakitei | 2018-05-16 21:44 | 室礼(しつらえ) | Comments(0)

富山市常盤町9-5 懐石椿亭本店 ☎076-425-5544 ■富山市八尾町東町2223  越中八尾店 ☎076-454-2366 URL https://www.tsubakitei.co.jp