トクサでバリを取る
d0377709_13465689.jpg
丁寧に磨く
d0377709_13471593.jpg


d0377709_13464591.jpg
白竹
d0377709_13463318.jpg
猪の牙で磨く
d0377709_13474231.jpg
しっかりと磨く
d0377709_13461921.jpg
完成
d0377709_13461459.jpg
製作日数:最短で3日間 

# by tsubakitei | 2018-05-27 13:53 | 茶道の精神 | Comments(0)

越中八尾 福鶴酒造

風の盆吟醸酒
きもと純米大吟醸ふくく
kazenobon namagensyu nigori活性酒
福鶴酒造

d0377709_19362452.jpg


新しき日本酒
kazeobon nigori

d0377709_19360920.jpg


ふくく

d0377709_19363441.jpg


風の盆吟醸酒

d0377709_19364440.jpg
福鶴酒造と懐石椿亭は大正時代からのお付き合いである。
先々代・先代・現当主三代に渡り
歴史ある八尾の酒を守り続けている。
その守り続ける点では、良きライバルでもあり盟友でもある。
現当主は東京農大醸造学部で酒造りをみっちり勉強してきた
エリートである。キレのある良い酒を造るから
一度、椿亭で呑んでみてください。

# by tsubakitei | 2018-05-25 19:50 | 日本酒 | Comments(0)

山茶がら・どくだみ

本日 お茶の稽古で先生の床の軸
なかなかお目にかかれない直筆
名古屋表千家 吉田家五代
吉田尭文 号:紹村
1908年-1970年
d0377709_17133844.jpg
数々の茶の湯の著者
茶の湯とはやっかいなお点前も結構ありまして
ほとんどが相伝である。
久田宗也宗匠曰く
覚えようとすると忘れる。
その稽古の繰り返しが人生の鍛錬でもある。

時代がAIで変わろうともこの茶の湯は一向に変わらない。

宇宙観を取り入れた普遍的な世界なのである。

茶の湯ではお客さんに粗飯をお出ししますと言いますが
へりくだって言ってるだけで粗飯ではない。

庭木の葉っぱを一枚一枚拭き汚れを取り、障子、畳は入れ替えて、
庭には塵一つ無く、名水を汲みあげて
食材や器を吟味して、もてなす究極の会食は他にはありません。
茶人で板前と言う職業の大変さを痛感します。
実るほど頭を垂れる稲穂かな
人は謙虚な姿勢でなければいけませんね。
自分より凄い才能ある人間は、山ほどいるのだから・・・

d0377709_17133168.jpg

山茶がらを先生より頂きましたので椿亭の茶室に。

茶の湯とは、人を作り人格を磨くためのものかもしれませんな~。


# by tsubakitei | 2018-05-22 17:21 | お花 | Comments(0)

実山椒 日本のハーブ

料理屋は朝倉山椒と言いまして棘のない山椒を使います
たくさんの種類の山椒が存在するのですか、山にあるのは犬山椒が多いかもね。
d0377709_09064321.jpg
生のまま実をはずすと灰汁で手が黒くなりますので
一度灰汁抜きをして実を一つ一つ外します。
d0377709_09062433.jpg
初夏を感じる清々しい香りと味
料理は因数((factor)です。
この実山椒も因数分解の一部ですね。


# by tsubakitei | 2018-05-22 09:23 | 料理(懐石・茶懐石) | Comments(0)

こちらがダイアナ妃に献上された日本人形
d0377709_21364263.jpg
舞妓
d0377709_21365669.jpg
五月人形
d0377709_21361893.jpg

どれも一点の製作日数は12ケ月ほどだそうです
d0377709_21333328.jpg


d0377709_21331763.jpg
ほとんどの作品は海外に流失しました
d0377709_21355389.jpg
香合
d0377709_21334897.jpg


d0377709_21331763.jpg
作者:相原 靖子氏(雅号緋靖ひせい)
昭和13年生まれ 東京都
日本を代表する人形作家で石州流宗匠

この人形は100年たてば日本国の美術品・有形文化財になります。

# by tsubakitei | 2018-05-16 21:44 | 室礼(しつらえ) | Comments(0)

私のストレスを和らげてくれるのが
茶花であり茶の稽古(表千家)である。
まことに先生は腰が低く優雅でオーラがあり
指導力といい見習うことが多い。
私はまだまだ角が在り、茶の精神を学び取らなくては。
50代はハナタレ小僧真最中。
d0377709_19531491.jpg
やまぼうし
d0377709_19532487.jpg

# by tsubakitei | 2018-05-15 20:17 | お花 | Comments(0)

芍薬

朝まで蕾でしたが
営業中に満開になりました。
d0377709_22325171.jpg
楽 八坂焼き 鯉耳花入
d0377709_22324353.jpg
花は、お座敷の顔ですから

# by tsubakitei | 2018-05-11 22:38 | お花 | Comments(0)

主菓子

チョコレート枇杷餅
コアントロージュレ
ペパーミント
d0377709_20434814.jpg
d0377709_20435341.jpg

# by tsubakitei | 2018-05-11 21:30 | 料理(懐石・茶懐石) | Comments(0)

茶事であれば
一種のお魚で加減し向附に出しますが
普段の会食会ではたっぷりと
堪能していただきます。
d0377709_19290345.jpg


d0377709_19313026.jpg


d0377709_11492816.jpg

# by tsubakitei | 2018-05-11 19:33 | 料理(懐石・茶懐石) | Comments(0)

翁草

綿毛がこれからたっぷりと付いて正しく翁になります。
d0377709_11492816.jpg

# by tsubakitei | 2018-05-11 11:49 | お花 | Comments(0)

木の芽から葉山椒そして花山椒へと移り変わっていきます
調理師専門学校で教えない
茶の湯の陰陽の決まり事で申したら
    木の芽の葉は13枚がもっとも美しいとされる
これは
葉山椒
d0377709_18352408.jpg
結晶釉向附


# by tsubakitei | 2018-05-09 18:40 | 料理(懐石・茶懐石) | Comments(0)

葫の花

茶花一辺倒より、こんな可愛い花もいいでしょう~?
葫(ニンニク)
d0377709_16450700.jpg
水屋にて

# by tsubakitei | 2018-05-09 16:48 | お花 | Comments(0)

トクサ

トクサ:漢字で書くと砥ぐ草でトクサ
江戸時代まではこの草で爪を砥いで
女性は爪を美しくケアしておりました
涼しさを演出し凛として天に伸びるトクサは
茶庭に欠かせない植物ですね。
調理師料理専門学校では教えない
茶庭の奥義は次回ご紹介します。
d0377709_10144214.jpg
そろそろ株分けします

# by tsubakitei | 2018-05-09 10:23 | お花 | Comments(0)

雨がよく似合う花


咲く場所
あやめは畑のような乾燥地で栽培するのに適し
かきつばたは水辺などの湿地帯に適し
花菖蒲はその中間で畑地でも湿地でも栽培できる違いです。
水辺で咲いているのは杜若か花菖蒲。あやめではない。


次は背丈
背のたけはあやめが一番背が低い(30~60cm)
杜若が中間(50~70cm)
花菖蒲は背が高い(80~100cm)

花の大きさ

花の大きさ:花菖蒲が大輪、あやめが小輪、杜若が中輪
d0377709_16531144.jpg
はなしょうぶ(花菖蒲)
葉が菖蒲に似ていて花を咲かせる

あやめ(菖蒲)
剣状の細い葉が縦に並んでいる様子が文目(あやめ)模様。
花基部の網目模様

かきつばた(杜若)
かきつばたは、衣の染料に使われたことから
書付花」と呼ばれていたのがなまった


# by tsubakitei | 2018-05-07 16:59 | お花 | Comments(0)

ツキヌキソウは、日本の絶滅危惧種
d0377709_10505736.jpg
鉄線花
d0377709_10504929.jpg

# by tsubakitei | 2018-05-04 10:51 | お花 | Comments(0)

おだまき 丁子草

五月は素敵な月です
d0377709_17071039.jpg

# by tsubakitei | 2018-05-03 17:08 | お花 | Comments(0)

皐月ですね

d0377709_16403592.jpg

# by tsubakitei | 2018-05-03 16:40 | お花 | Comments(0)

麦 皐月

楽 鯉耳花入
d0377709_16360139.jpg

# by tsubakitei | 2018-05-03 16:37 | お花 | Comments(0)

自作(自在)

すっきりとした竹で自在を作りました。
d0377709_11024217.jpg

# by tsubakitei | 2018-05-02 11:03 | 室礼(しつらえ) | Comments(0)

椿亭は茶花宗遍流
お茶事に活ける花の流派 古流松柳会とか色々な流派がございます。
勉強させられます。
d0377709_13251229.jpg
砧青磁鳳凰耳花入 如泉窯(中国)

本歌 南宋時代南宋時代・13世紀
高33.5cm 口径13.1-13.0cm 
胴径15.5cm 底径13.2cm
五島美術館所蔵 龍泉窯(中国)

私は表千家流 父は皇風煎茶と加賀宝生流 母と妻は武者小路千家流 娘は裏千家 息子は何もせんけ流で
茶事に招待されない限り普段他流のお席に入ることはほとんどないでしょう。
茶道宗遍流の
お点前は、ふくさのさばき方、蓋置と柄杓の扱いなどが違う。
また最後にお道具を拝見に出す際、四方盆の上に、棗、茶杓を乗せる
宗偏流では諸道具はお盆に乗せたまま拝見に回るもの。
また、客の手の組み方は、元々表千家からの分流なので宗偏流では
表千家と同じで左手が上で裏千家は右手が上。
 現在お家元は鎌倉。茶花宗遍や
 
 ※宗遍流派は忠臣蔵とは切っても切り離せない縁がある。
故に12月に桂籠花入を使っても良い
のちほど説明します。

 山田宗偏は寛永4年(1627年)京都東本願寺末の長徳寺に生まれ
名は周学。6歳で父の跡を継いで長徳寺住職となり
小堀遠州に茶を学び18歳の時、宗旦に師事するようになった。
入門後8年の26歳の時に長徳寺を退隠し、洛西鳴滝三宝寺内に茶室を作り
茶の宗匠となった。
この時、宗旦から利休四方釜を賜り
参禅の師である大徳寺翌厳和尚から“四方庵”の額が与えられた。
山田は母の姓で、宗偏の号もこの頃に名乗ったものといわれている

。明暦元年(1655年)宗旦の推挙で三河吉田
(愛知県豊橋)城主小笠原忠知の茶頭となり
この時、宗旦は“不審庵”・“今日庵”の額を与えた
のちに宗旦から学んだ利休の侘び茶を広めた。

宗旦から宗偏には多くの愛蔵の道具が与えられており
愛弟子としてとても大切にされていたことも伺える。


 赤穂浪士の一人の大高源吾が身分を隠して
宗偏流に入門し
吉良邸での茶会の情報を得て、吉良の在宅を確信し
12月14日に討入りを決めた。


 宝永5年 1708年 享年82歳。
著書に「茶道便蒙抄」・「茶道要録」・「利休茶道具絵図」

 宗偏流では12月は特別な月であり
14日には義士茶会を開いて、
四十七義士と吉良公を偲んでいる。

茶会では浅野家の家紋があしらわれた棗
お菓子は蕎麦饅頭(蕎麦は”うつ”ものだから)
宗偏流では12月は太鼓・両国などの銘のお道具や
桂籠など討入りにちなんだお道具が使用される。

 籠は炉の時期には通常使われないが、
14日の吉良邸での茶会では花入に桂籠が使われており
それを吉良の首の代わりに義士が吊るして
行進したとの話が残っている為12月に使う。
d0377709_13274949.jpg
     
本歌 利休桂籠↑(香雪美術館収蔵)  

 宗偏流でなければ知ることもなかった歴史と背景。
私は表千家流と茶花宗偏流も勉強させて頂いておりますが
  なかなか総て習得するは至難の技。

# by tsubakitei | 2018-04-29 13:26 | お花 | Comments(0)

五月の花たち 宗遍流

椿亭の茶花は宗遍流でございます
d0377709_17483605.jpg
馬の鈴草↑ えびね↑
タイツリソウ・蝋梅・丁子草・馬の足形(八重キンポウゲ)
・シクラメン・翁草↓

d0377709_17524157.jpg
タイツリソウはケマンソウとも言いますね。
仕事が終われば花の入れ替えをします
d0377709_17533587.jpg
丁子草・都忘れ・おだまき・姫シャガ
カラマツ草共々、のちに水切りをします↑

d0377709_17564230.jpg
唐銅龍耳花入
d0377709_12493453.jpg
四海同風 表千家 第14代家元 而妙斎宗左

d0377709_17555710.jpg

# by tsubakitei | 2018-04-28 17:54 | お花 | Comments(0)

翁草 都忘れ

現在オキナソウは環境省の絶命危惧植物に指定されています。
d0377709_16502537.jpg
都忘れ
瓢有馬花入:轡昭竹斎
d0377709_16460542.jpg

# by tsubakitei | 2018-04-28 16:55 | お花 | Comments(0)

茶の湯や料理屋の世界では五月より夏となり
室礼のすべてが夏仕様に変わります。
宮中の有職料理や日本料理にも型(決まり事)が同じくあります。
すべてに
決まり事があるからこそ時を越えて残るのです。

風炉青竹蓋置(引切)
利休の場合は炉・風炉共に、高さ 1寸8分(約5.5cm)
d0377709_20262996.jpg

直径について
炉用 1寸8分位(約5.5cm)
風炉用1寸6分位(約4.8cm)
d0377709_20261105.jpg

青竹の蓋置は、茶事の濃茶に使う。薄茶では別の物に替える。
青竹の蓋置には、1年目の竹を使う。
d0377709_20140679.jpg
自作 風炉
炉蓋置の節は、上下の中央より上にある。
風炉蓋置の節は、上端にある。

抱清棚(水屋棚のため)では、柄杓を竹釘にかけ
その柄杓の柄の下の畳の上に蓋置を飾り残す。
この棚には竹の蓋置を使う。


# by tsubakitei | 2018-04-27 20:15 | 茶道の精神 | Comments(0)

海鱒

鱒は海に定置してる海鱒と川に遡上する川鱒がいます。
今は河港近くの川の水深4メートルあたりで
海にいたときの身体を慣らし産卵の為にその後遡上します。
タップリとした脂肪を蓄えた川鱒は絶品ですが
個体数が少なくて皆さんの口にはあまり入りませんよね。
川鱒は元々 ヤマメ
なぜヤマメが海に下るのか?
奥山の川は餌が少ないために強いヤマメだけが川を支配し
生存競争に負けたヤマメは餌を求めて海へ下ります。
まるでジョン万次郎みたいに・・・
大きくなったヤマメが鱒となり生まれた川に戻ります。
それが川の王者 です。
d0377709_10451551.jpg
※寄生虫がおりますので取り扱いに注意しなくてはいけません。
身の柔らかい鱒は丁寧に処理をする。
d0377709_10450977.jpg


d0377709_10450278.jpg
小骨を優しく一本づづ抜いていきます。
脂がある身がご覧いただけるでしょうか?

d0377709_10585035.jpg

d0377709_10592745.jpg
砥ぎすまされた庖丁でなくては切れません。
薄く切っていきますよ
d0377709_10592053.jpg
これから五月にかけて神通川・井田川で川鱒5-6キロのが捕れます
川鱒を食べたら!うなりますよ

# by tsubakitei | 2018-04-26 10:48 | 料理(懐石・茶懐石) | Comments(0)

料亭や懐石のおもてなし 茶花たち

海岸近くの林中などに自生
大きな葉が2枚(さらに小葉は3枚)
 その茎の間から(「」あぶみが顔を出す)
馬具の一つで鞍の両側に垂らし、乗る人が足をかけるもの
 のように丸まった形の仏焔苞(ぶつえんほう)が
 出てくる(うす緑色)でボクシンググローブ型ね。

 花は、この仏焔苞の中にあり、上から見えない。
 この「」のうち、武蔵の国で作られたタイプの
よく似ていたために、この名前の由来になった。
d0377709_09575655.jpg
武蔵鐙

居酒屋もいいね。割烹もいいね。すし屋もいいね。ラーメン屋もいいね。
でもね、料亭の品格や存在も知って欲しいかな~

# by tsubakitei | 2018-04-26 10:04 | お花 | Comments(0)

一 
服に
のか
おけ
茶る
 手
 間
続いて薄茶を差し上げますと一礼

濃茶点前を終え建水を下げる
座布団を運ぶ
莨盆を運ぶ
お菓子(干菓子)を運ぶ

清めた建水を持ち茶室に進み
建水を進めた位置に置く
棚から薄茶器を取り
茶碗と膝の間に置く

袱紗をさばいて薄茶器を清め
左手で建水近くに仮置きする
仮置きした薄茶器でお茶を点てる

点てた薄茶器は仮置きの位置に置く
正客から「いただきます」の挨拶を受けたら
茶入を薄茶器と差し替える

茶杓を右手で取って水指の右寄り上に置く
茶入を左手で扱って水指の前、膝前に置く
左手で薄茶器を取り茶筅の左に置き合わせる
水指にある茶杓を右手に取り
薄茶器にのせる
茶入を右手で扱って棚中央に置く
棚が無いときは建水の近く方に仮置きする

次客のお茶を出し、次客から挨拶を受けたら
茶巾絞りをする
お茶碗がさがってくる
釜のお湯を一杓入れる
正客から「おしまいください」挨拶を受けたら
お湯を建水に捨てて
軽く会釈をして茶碗を正面にもっていき
亭主はおしまいの挨拶をする

水指から水を汲みお茶碗に入れ二回の茶せん通しをして
清めたお茶碗の水を左手で建水にあける
正面にお茶碗を置き
亭主はおしまいの挨拶をする
お茶碗に茶巾を入れのちに茶筅も入れて
建水を引き袱紗をさばいて茶杓を清めお茶碗に置く
薄茶器・お茶碗の順序で棚正面に置きあわす
釜に二杓の水を入れて湯返しをする
柄杓を左手に持ち直し右手で釜の蓋を閉める
柄杓と蓋置を棚に飾る
水指の蓋を閉める
正客から拝見を賜る
軽く会釈をして棚にある茶入を右手で扱い
正面に向い下座で袱紗をさばいて茶入を清める
そのあと茶杓と仕服を拝見に出し
薄茶器を右手で扱って正面に向い
下座で袱紗をさばいて薄茶器を清め拝見に出す

建水を水屋に下げる
もう一度茶室に戻りお茶碗を下げる
その後
水次薬缶を持ち出し水指に水を注ぐ
正客が四器を取りに来る
拝見が終われば正客とお詰めが
であいで返し拝見が終わる

拝見が終われば薄茶器は棚に飾る
棚が無い場合は
拝見が終われば薄茶器を水屋に下げる前に
踏み込み畳の襖近くに仮置きする
そして三器と薄茶器をさげる
茶事とは日本の総合芸術で集大成。
最近ではカウンターでシャカシャカと簡単そうにお茶を出すお店が
増えてきて形ばかりの抹茶も美味しいけれど
せめてお茶碗を温めてたりお詰処の説明
(コーヒー豆であれば国の産地と豆の種類)もあればいいですね。
そのくらい一服のお茶を頂くとは深いものです。
d0377709_20182674.jpg
花菖蒲
d0377709_20190793.jpg
四月は 吊り釜(雲龍)と旅だんすがよくにあう。
仕事を忘れる時間が心地よい。

# by tsubakitei | 2018-04-25 18:37 | 茶道の精神 | Comments(0)

青山緑水

 
表千家13代即中斎の高弟ゆえの筆使いは
家元ゆずりですね。
昭和の表千家を支えた立役者。
即友会主宰 八幡 宗豊宗匠筆
d0377709_12485885.jpg


# by tsubakitei | 2018-04-25 12:56 | 茶道の精神 | Comments(0)

富山市常盤町9-5 懐石椿亭本店 ☎076-425-5544 ■富山市八尾町東町2223  越中八尾店 ☎076-454-2366 URL https://www.tsubakitei.co.jp