椿亭は茶花宗遍流
お茶事に活ける花の流派 古流松柳会とか色々な流派がございます。
勉強させられます。
d0377709_13251229.jpg
砧青磁鳳凰耳花入 如泉窯(中国)

本歌 南宋時代南宋時代・13世紀
高33.5cm 口径13.1-13.0cm 
胴径15.5cm 底径13.2cm
五島美術館所蔵 龍泉窯(中国)

私は表千家流 父は皇風煎茶と加賀宝生流 母と妻は武者小路千家流 娘は裏千家 息子は何もせんけ流で
茶事に招待されない限り普段他流のお席に入ることはほとんどないでしょう。
茶道宗遍流の
お点前は、ふくさのさばき方、蓋置と柄杓の扱いなどが違う。
また最後にお道具を拝見に出す際、四方盆の上に、棗、茶杓を乗せる
宗偏流では諸道具はお盆に乗せたまま拝見に回るもの。
また、客の手の組み方は、元々表千家からの分流なので宗偏流では
表千家と同じで左手が上で裏千家は右手が上。
 現在お家元は鎌倉。茶花宗遍や
 
 ※宗遍流派は忠臣蔵とは切っても切り離せない縁がある。
故に12月に桂籠花入を使っても良い
のちほど説明します。

 山田宗偏は寛永4年(1627年)京都東本願寺末の長徳寺に生まれ
名は周学。6歳で父の跡を継いで長徳寺住職となり
小堀遠州に茶を学び18歳の時、宗旦に師事するようになった。
入門後8年の26歳の時に長徳寺を退隠し、洛西鳴滝三宝寺内に茶室を作り
茶の宗匠となった。
この時、宗旦から利休四方釜を賜り
参禅の師である大徳寺翌厳和尚から“四方庵”の額が与えられた。
山田は母の姓で、宗偏の号もこの頃に名乗ったものといわれている

。明暦元年(1655年)宗旦の推挙で三河吉田
(愛知県豊橋)城主小笠原忠知の茶頭となり
この時、宗旦は“不審庵”・“今日庵”の額を与えた
のちに宗旦から学んだ利休の侘び茶を広めた。

宗旦から宗偏には多くの愛蔵の道具が与えられており
愛弟子としてとても大切にされていたことも伺える。


 赤穂浪士の一人の大高源吾が身分を隠して
宗偏流に入門し
吉良邸での茶会の情報を得て、吉良の在宅を確信し
12月14日に討入りを決めた。


 宝永5年 1708年 享年82歳。
著書に「茶道便蒙抄」・「茶道要録」・「利休茶道具絵図」

 宗偏流では12月は特別な月であり
14日には義士茶会を開いて、
四十七義士と吉良公を偲んでいる。

茶会では浅野家の家紋があしらわれた棗
お菓子は蕎麦饅頭(蕎麦は”うつ”ものだから)
宗偏流では12月は太鼓・両国などの銘のお道具や
桂籠など討入りにちなんだお道具が使用される。

 籠は炉の時期には通常使われないが、
14日の吉良邸での茶会では花入に桂籠が使われており
それを吉良の首の代わりに義士が吊るして
行進したとの話が残っている為12月に使う。
d0377709_13274949.jpg
     
本歌 利休桂籠↑(香雪美術館収蔵)  

 宗偏流でなければ知ることもなかった歴史と背景。
私は表千家流と茶花宗偏流も勉強させて頂いておりますが
  なかなか総て習得するは至難の技。

# by tsubakitei | 2018-04-29 13:26 | お花

五月の花たち 宗遍流

椿亭の茶花は宗遍流でございます
d0377709_17483605.jpg
馬の鈴草↑ えびね↑
タイツリソウ・蝋梅・丁子草・馬の足形(八重キンポウゲ)
・シクラメン・翁草↓

d0377709_17524157.jpg
タイツリソウはケマンソウとも言いますね。
仕事が終われば花の入れ替えをします
d0377709_17533587.jpg
丁子草・都忘れ・おだまき・姫シャガ
カラマツ草共々、のちに水切りをします↑

d0377709_17564230.jpg
唐銅龍耳花入
d0377709_12493453.jpg
四海同風 表千家 第14代家元 而妙斎宗左

d0377709_17555710.jpg

# by tsubakitei | 2018-04-28 17:54 | お花

翁草 都忘れ

現在オキナソウは環境省の絶命危惧植物に指定されています。
d0377709_16502537.jpg
都忘れ
瓢有馬花入:轡昭竹斎
d0377709_16460542.jpg

# by tsubakitei | 2018-04-28 16:55 | お花

茶の湯や料理屋の世界では五月より夏となり
室礼のすべてが夏仕様に変わります。
宮中の有職料理や日本料理にも型(決まり事)が同じくあります。
すべてに
決まり事があるからこそ時を越えて残るのです。

風炉青竹蓋置(引切)
利休の場合は炉・風炉共に、高さ 1寸8分(約5.5cm)
d0377709_20262996.jpg

直径について
炉用 1寸8分位(約5.5cm)
風炉用1寸6分位(約4.8cm)
d0377709_20261105.jpg

青竹の蓋置は、茶事の濃茶に使う。薄茶では別の物に替える。
青竹の蓋置には、1年目の竹を使う。
d0377709_20140679.jpg
自作 風炉
炉蓋置の節は、上下の中央より上にある。
風炉蓋置の節は、上端にある。

抱清棚(水屋棚のため)では、柄杓を竹釘にかけ
その柄杓の柄の下の畳の上に蓋置を飾り残す。
この棚には竹の蓋置を使う。


# by tsubakitei | 2018-04-27 20:15 | 茶道の精神

海鱒

鱒は海に定置してる海鱒と川に遡上する川鱒がいます。
今は河港近くの川の水深4メートルあたりで
海にいたときの身体を慣らし産卵の為にその後遡上します。
タップリとした脂肪を蓄えた川鱒は絶品ですが
個体数が少なくて皆さんの口にはあまり入りませんよね。
川鱒は元々 ヤマメ
なぜヤマメが海に下るのか?
奥山の川は餌が少ないために強いヤマメだけが川を支配し
生存競争に負けたヤマメは餌を求めて海へ下ります。
まるでジョン万次郎みたいに・・・
大きくなったヤマメが鱒となり生まれた川に戻ります。
それが川の王者 です。
d0377709_10451551.jpg
※寄生虫がおりますので取り扱いに注意しなくてはいけません。
身の柔らかい鱒は丁寧に処理をする。
d0377709_10450977.jpg


d0377709_10450278.jpg
小骨を優しく一本づづ抜いていきます。
脂がある身がご覧いただけるでしょうか?

d0377709_10585035.jpg

d0377709_10592745.jpg
砥ぎすまされた庖丁でなくては切れません。
薄く切っていきますよ
d0377709_10592053.jpg
これから五月にかけて神通川・井田川で川鱒5-6キロのが捕れます
川鱒を食べたら!うなりますよ

# by tsubakitei | 2018-04-26 10:48 | 料理(懐石・茶懐石)

料亭や懐石のおもてなし 茶花たち

海岸近くの林中などに自生
大きな葉が2枚(さらに小葉は3枚)
 その茎の間から(「」あぶみが顔を出す)
馬具の一つで鞍の両側に垂らし、乗る人が足をかけるもの
 のように丸まった形の仏焔苞(ぶつえんほう)が
 出てくる(うす緑色)でボクシンググローブ型ね。

 花は、この仏焔苞の中にあり、上から見えない。
 この「」のうち、武蔵の国で作られたタイプの
よく似ていたために、この名前の由来になった。
d0377709_09575655.jpg
武蔵鐙

居酒屋もいいね。割烹もいいね。すし屋もいいね。ラーメン屋もいいね。
でもね、料亭の品格や存在も知って欲しいかな~

# by tsubakitei | 2018-04-26 10:04 | お花

一 
服に
のか
おけ
茶る
 手
 間
続いて薄茶を差し上げますと一礼

濃茶点前を終え建水を下げる
座布団を運ぶ
莨盆を運ぶ
お菓子(干菓子)を運ぶ

清めた建水を持ち茶室に進み
建水を進めた位置に置く
棚から薄茶器を取り
茶碗と膝の間に置く

袱紗をさばいて薄茶器を清め
左手で建水近くに仮置きする
仮置きした薄茶器でお茶を点てる

点てた薄茶器は仮置きの位置に置く
正客から「いただきます」の挨拶を受けたら
茶入を薄茶器と差し替える

茶杓を右手で取って水指の右寄り上に置く
茶入を左手で扱って水指の前、膝前に置く
左手で薄茶器を取り茶筅の左に置き合わせる
水指にある茶杓を右手に取り
薄茶器にのせる
茶入を右手で扱って棚中央に置く
棚が無いときは建水の近く方に仮置きする

次客のお茶を出し、次客から挨拶を受けたら
茶巾絞りをする
お茶碗がさがってくる
釜のお湯を一杓入れる
正客から「おしまいください」挨拶を受けたら
お湯を建水に捨てて
軽く会釈をして茶碗を正面にもっていき
亭主はおしまいの挨拶をする

水指から水を汲みお茶碗に入れ二回の茶せん通しをして
清めたお茶碗の水を左手で建水にあける
正面にお茶碗を置き
亭主はおしまいの挨拶をする
お茶碗に茶巾を入れのちに茶筅も入れて
建水を引き袱紗をさばいて茶杓を清めお茶碗に置く
薄茶器・お茶碗の順序で棚正面に置きあわす
釜に二杓の水を入れて湯返しをする
柄杓を左手に持ち直し右手で釜の蓋を閉める
柄杓と蓋置を棚に飾る
水指の蓋を閉める
正客から拝見を賜る
軽く会釈をして棚にある茶入を右手で扱い
正面に向い下座で袱紗をさばいて茶入を清める
そのあと茶杓と仕服を拝見に出し
薄茶器を右手で扱って正面に向い
下座で袱紗をさばいて薄茶器を清め拝見に出す

建水を水屋に下げる
もう一度茶室に戻りお茶碗を下げる
その後
水次薬缶を持ち出し水指に水を注ぐ
正客が四器を取りに来る
拝見が終われば正客とお詰めが
であいで返し拝見が終わる

拝見が終われば薄茶器は棚に飾る
棚が無い場合は
拝見が終われば薄茶器を水屋に下げる前に
踏み込み畳の襖近くに仮置きする
そして三器と薄茶器をさげる
茶事とは日本の総合芸術で集大成。
最近ではカウンターでシャカシャカと簡単そうにお茶を出すお店が
増えてきて形ばかりの抹茶も美味しいけれど
せめてお茶碗を温めてたりお詰処の説明
(コーヒー豆であれば国の産地と豆の種類)もあればいいですね。
そのくらい一服のお茶を頂くとは深いものです。
d0377709_20182674.jpg
花菖蒲
d0377709_20190793.jpg
四月は 吊り釜(雲龍)と旅だんすがよくにあう。
仕事を忘れる時間が心地よい。

# by tsubakitei | 2018-04-25 18:37 | 茶道の精神

青山緑水

 
表千家13代即中斎の高弟ゆえの筆使いは
家元ゆずりですね。
昭和の表千家を支えた立役者。
即友会主宰 八幡 宗豊宗匠筆
d0377709_12485885.jpg


# by tsubakitei | 2018-04-25 12:56 | 茶道の精神

一瞬の輝きの命 茶花

いつも写真を簡単にアップしてますが人目に晒され
実は恥ずかしいと思っております。
世の中にはとんでもない先生方やお茶人がいて
その方々の技量には私みたいな50代後半は到底及びません。
悪戦苦闘の毎日で、人生は花と同じく短い命ですから精進ですかね。

浦島草
花入 轡昭竹斎
d0377709_12475246.jpg
古流 松柳会 第38回 茶花会
こちらの先生方の花の入れ方は凄すぎます↓。
勉強会に出席してきます
d0377709_12531124.jpg
ズダヤクシュ
やまぶき
花入 一重切
d0377709_12480010.jpg
山芍薬
d0377709_12480826.jpg
私の生活は毎日が修行みたいな感じです(笑)

# by tsubakitei | 2018-04-23 13:03 | お花

貸切 座敷

ありがとうございます。
30名様まで対応いたします。
座布団席で34名様
法事・顔合わせ・結納・お喰い初め祝い
結婚披露宴
d0377709_10415719.jpg
還暦祝い・喜寿祝い・米寿祝い・卒寿祝い・色々なシーンでご利用くださいますよう宜しくお願いします。


# by tsubakitei | 2018-04-22 10:44 | 室礼(しつらえ)

芍薬・菖蒲

d0377709_18173036.jpg
芍薬
d0377709_18172139.jpg
真 薄板 矢筈
青磁 鳳凰耳
d0377709_18124325.jpg
菖蒲
d0377709_18125099.jpg


幽鳥弄眞
d0377709_18125885.jpg
普通は花を生けるといいますが私達の世界では花を入れるといいます。
一度命を切ってしまった花に人が命を吹き込み甦えさせるという考えで
なく衒いや作意を感じさせないよう自然の美しさを座敷に移すという事。
過去・現在・未来の形を見るという事でもあります。
この花も仏の悟りの一つであり、入れた勢いのある瞬間の花の美しさ、
徐々に花の景色が変わっていき、衰えていく美しさは亭主の分身でもあり
花を通しての人間の真理を表わしております。
奥深い日本の心 室礼 座敷 料理をお楽しみくださいませ。

# by tsubakitei | 2018-04-21 18:21 | お花

はなみずき

最近の異常気温 海も地上も
困ってます。
4月なのに気温はもう夏 バランスが悪いですよね~。
d0377709_15335381.jpg

# by tsubakitei | 2018-04-20 15:37 | お花

料理の盛込みや炊合せに必要な取り箸は自作します。
竹の節を見ると年齢がわかります。
みずみずし過ぎる若竹は避けます。
竹は油抜きやさらしの工程がありますので手間がかかります。
懐石椿亭本店は、すべての流派の取り箸を用意します。
d0377709_16493975.jpg
d0377709_16500003.jpg
d0377709_16495077.jpg
d0377709_16500734.jpg
この箸は主として茶懐石の場面で使用されます。
お客さんが召し上がる料理の為に自ら竹を伐ってきて
一本一本取り分ける全種類の箸を作ります。
d0377709_18090760.jpg
d0377709_14113367.jpg
d0377709_14234400.jpg

●表千家 不審庵

焼物 青竹両細
強肴(炊合せ)白竹両細
強肴(和え物)白竹両細
進肴(酒盗など)杉の矢筈箸
八寸 青竹両細
香の物 白竹両細
香の物(朝茶 青竹元節
菓子 矢筈黒文字6寸
塵箸 青竹中節で天斜1尺2寸

●裏千家 今日庵

焼物 青竹中節
強肴(炊合せ)青竹元節
強肴(和え物)青竹元節
進肴(酒盗など)赤杉の両細箸または黒文字
八寸 青竹中節
香の物 青竹両細
菓子 黒文字6寸
塵箸 矢青竹中節

●武者小路千家 官休庵

官休庵形の箸
節無、先は矢筈
青竹煤竹白竹 同寸法
塵箸 矢青竹

●藪内家(織部流) 燕庵

焼物 青竹元節
強肴(炊合せ)青竹元節
強肴(和え物)青竹元節
八寸 青竹元節
香の物 青竹元節
菓子 黒文字
塵箸は無し

# by tsubakitei | 2018-04-16 16:53 | 料理(懐石・茶懐石)

富山鱒 かたくりの花 菜種

d0377709_19381788.jpg
新たけのこ鍬焼 和牛八幡巻 新もずく加減酢 胡麻酢味噌

d0377709_18462065.jpg
鯛 あこう 細魚

d0377709_19012077.jpg
 

d0377709_19260577.jpg
百合根饅頭

d0377709_19150924.jpg

# by tsubakitei | 2018-04-14 19:42 | 料理(懐石・茶懐石)

街中の花

d0377709_15252423.jpg
d0377709_15253230.jpg
d0377709_15251610.jpg

# by tsubakitei | 2018-04-14 15:26 | お花

数々の産地にいる陶工は乾山を写したり、来る日も来る日も土を研究し
構図を勉強し,一生かけて学ばれた技術が途絶えようとしています。

根津美術館収蔵
赤絵蓋写蓋茶碗↓
d0377709_13564799.jpg
色絵絵替土器皿↓
日本の陶磁器は桃山時代にあり
現代では桃山を越えることができない
北大路魯山人と荒川豊蔵の二人が日本に
存在しなかったら完全に桃山陶器は抹殺されておりました。
d0377709_13570201.jpg

# by tsubakitei | 2018-04-11 14:13 | 陶器と漆器

卯月つれづれ

異常気象により海の魚に変化あり。
d0377709_13075333.jpg


# by tsubakitei | 2018-04-11 13:13 | 料理(懐石・茶懐石)

炉 最後の月 吊り釜

この時期になりますと旅箪笥を使用します。
棚物の一種で秀吉が小田原出陣のおりに利休が
吊り釜と一緒に用いたということで、この名がある。
d0377709_17531272.jpg
表千家第7代家元 如心斎と裏千家第8代家元 一燈宗室は兄弟であり
お婿さん養子としてお互いの家(表・裏)を行ったり来たりしています。
表千家と裏千家の絆が強い故の作法と道具の違い
真鍮釣手が表千家
鉄釣手が裏千家
4月に吊り釜のお点前が表千家
3月に吊り釜のお点前が裏千家

# by tsubakitei | 2018-04-10 18:07 | 茶道の精神

黄瀬戸兜鉢 色々

兜鉢 
高さ5センチ幅14.7センチ
d0377709_17244832.jpg
この器は瀬戸焼の中でも素晴らしいものです。

# by tsubakitei | 2018-04-10 17:31 | 陶器と漆器

桜川 色々

景徳鎮
d0377709_17245693.jpg
茶を嗜む私は、今の時代の料理の価値観が洋風の技法を進んで
取り入れて奇をてらう日本料理の味付けと表現が本来の日本料理と
離れていき、それをメディアが後押しする風潮に危機感抱きます。

# by tsubakitei | 2018-04-10 17:29 | 陶器と漆器

萬暦枡 色々

d0377709_17251791.jpg
皇帝の使用する龍の爪は5本

# by tsubakitei | 2018-04-10 17:27 | 陶器と漆器

八手

景徳鎮 染付
 八手景徳年間に良品が生産されたことから
1004年頃の北宋の皇帝真宗が「景徳」という名を授け
官窯の「景徳鎮窯」となったそうです。
明・清時代には日本(茶人)から景徳鎮へたくさんの器作りの要請が
ありましたが現在では各国へ輸出していた器は中国には
ほとんど残っておりません。
本歌は根津美術館を筆頭に展示してあります。
素晴らしい景徳鎮磁器が多数存在しております。
日本の器作りと料理を盛り付ける器に茶道具は
中国無しでは語れませんね。
余談・・・戦争はすべてを破壊するので国の指導者は
間違いを起こしてはいけません。
北朝鮮にも高句麗時代の沢山の文化財がありますので・・・
d0377709_17010151.jpg
岩八手↓
d0377709_16551965.jpg

# by tsubakitei | 2018-04-10 17:23 | 陶器と漆器

最高級とらフグ(白子)

本日4/8は、雪がチラホラ降り寒い一日です。
どうなったのか異常気象で料理が出しにくい。
急遽、とらフグの白子と蕗の薹を熱々で・・・
先附
d0377709_20302370.jpg
普段の会席料理と言うものは先附から最終の酢の物へ誘うが
寒い日は、お客さんを思い献立を考えなくてはなりませんね。
料理の順序より、まずは温かい物から奨める事
それが板前のもてなしである。

# by tsubakitei | 2018-04-08 20:34 | 料理(懐石・茶懐石)

すべての段が畳敷きである。
これは一歩一歩上るときの膝の負担を和らげるために
私が考案しました。
エレベーターで二階に上がるのは容易いなものですが
ゆっくりと二階に向う心の間(ま)を取っていただくのが
私のおもてなしの一つです。
d0377709_18501858.jpg

# by tsubakitei | 2018-04-08 18:55 | 室礼(しつらえ)

茶人と言われる人は、どこであれこのような気遣いをされる。
さすがにいつも茶人達には人間力を感じます。
今の日本人は生産性や効率化を重要視して面倒なことは省く。
便利が生んだ悲劇であってそれをみんなが共有する。
面倒なことを進んでやり相手を重んじる事が日本人の美徳。
だから私は汲み取る精神に共鳴する。拝
d0377709_13270485.jpg

# by tsubakitei | 2018-04-08 13:41 | 茶道の精神

千年翠の心


移ろいやすい世の中で、
常に変わらない「」の緑を讃える言葉としてあるのが
千年翠(せんねんみどり)と言い
変わらないものこそ大切であるという意味で日々の
生活や仕事においてもおもい言葉ではないかと思ってます。
民藝(みんげい)の中にすべてがあることを忘れてはなりません。
外国人が日本の料理や京都や日本画に惹かれ日本人の心を
学び取ろうとする理由がここにあります。
d0377709_11492450.jpg
画賛 親子による筆
表千家   第14代家元 而妙斎(宗旦)
2018年より第15代家元 猶有斎(宗左)

※民藝(みんげい)については
 第一人者である岡倉天心の著書を読んでいただければ幸いです。



# by tsubakitei | 2018-04-07 12:02 | 室礼(しつらえ)

茶事と礼(あいさつ)

稽古の始まりと終わりには、亭主・客共に一緒にお辞儀をする。
 総礼である。
でもこれは稽古のものである

稽古とは、つまり割稽古であり
薄茶点前の始まりに、亭主は茶碗を膝前に置き、茶道口の襖を開けて、お辞儀をする。
同時に客もお辞儀をする。 
ここから薄茶点前の稽古が始まる。

薄茶点前の終わりには、亭主は水次ぎ薬缶を膝前に置いて、茶道口の外でお辞儀をし、
客もまたお辞儀をして、亭主が襖を閉めた所で薄茶点前の稽古が終わる。

しかし、これは稽古だからやっている事である。

実際の茶事ではしない事である。
d0377709_18512511.jpg
この後、喚鐘(表千家) 銅鑼(裏千家) 
d0377709_18513520.jpg


d0377709_18514313.jpg


d0377709_18514803.jpg

茶事の初座では、客が入室した後、亭主は茶道口を開けてお辞儀をする。
正客から席に入る様に勧められて、亭主は席中に進み、
d0377709_18520923.jpg

改めて正客にお辞儀をして挨拶をする。
その後、亭主は連客にも挨拶して、茶事が進行して行くことになる。

初座の炭点前を始める時に、茶道口で炭斗を前にして亭主がお辞儀をする事はない。
d0377709_18564773.jpg
後座でも、濃茶を始める時に、
茶道口を開けて茶碗を膝前に置いて、亭主がお辞儀をすることもない。

初炭の場合、
炭を直す旨を正客に申して、水屋に戻り(茶道口は開けたまま)、
炭斗を持ち出して(炉の場合は、灰器も)茶室に入る。
茶道口前で座ることなく、立ったまま入る。
茶道口を閉め、炭を始める。

d0377709_18565711.jpg

後座、濃茶の場合、客が後座入りをした後、
茶碗を膝前に置き、茶道口を開けて、そのまま立って茶室に入り、いつもの通りに濃茶を始める。


初座の始まりでお辞儀をして挨拶をしているので、
個々の点前の始まりと終わりで挨拶などはしない。
稽古は稽古であって、実際の茶事とは少し違う事を理解して置く必要がある。


# by tsubakitei | 2018-04-06 19:24 | 茶道の精神

お客さんには絶対に見せない裏の仕事
鰹節を入れる前の一番出汁で
椀盛(煮物椀)を作る時の吸い汁となります。
透き通る出汁の色をご覧ください。
なぜこんなに透き通るのか?
●それは昆布で出汁を取る温度です。
この濁りの無い昆布出汁を取るまでが大変なのです。
d0377709_19581837.jpg
昆布にしろ鰹節にしろ、仕込みが半端じゃないくらい時間がかかります。
でも、これからが始まりなのです。
椿亭では、料理には一切 化学調味料は使いません。

# by tsubakitei | 2018-04-04 20:09 | 料理(懐石・茶懐石)

 
の尻
価昆
値布

利尻島にこだわり利尻昆布を知る
d0377709_17511525.jpg
d0377709_17504645.jpg
料理によって
道南産 蔵囲み鹿部真昆布も時には使用します。
利尻も道南も昆布としては一級品なのですが
※昆布は何年も寝かせないと本物の味が得られません。
ここが旨みを醸し出す秘訣ですし板前の腕なのです。
何十年も修業した板前はこの出汁の取り方に命をかけます。


# by tsubakitei | 2018-04-04 17:57 | 料理(懐石・茶懐石)

富山市常盤町9-5 本店☎076-425-5544 ■富山市八尾町東町2223  越中八尾店☎076-454-2366  https://tsubakitei.co.jp
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31