黄瀬戸・赤津の窯元西山窯五代目、故・山口正文さん作。明るい色合い、胴紐作り、胆礬(たんぱん)や鉄文のあしらい、私にとってこの茶碗は「やきもの」の魅力に引き込まれる原点となりました。鈴木五郎さん各務周海さん共に天下の名陶 皆さんがご存じなくて関係ない事なのですが名陶が、どんどん亡くなっており危機感を感じております。技術は一日で成らず
d0377709_21305776.jpg
料理屋は高級陶器・漆器・しつらえに至るまで、堪えず割れたり傷が入ったりというリスクを背負ってます。
d0377709_13312171.jpg
d0377709_13312724.jpg




by tsubakitei | 2018-11-08 21:34 | 陶器と漆器 | Comments(0)

大樋うずくまる

d0377709_18535412.jpg
いがぐりまゆみ
ツワブキ

by tsubakitei | 2018-11-06 18:55 | お花 | Comments(0)

吾唯足知


われただたるをしる
開門落葉多
d0377709_14121748.jpg

d0377709_14122485.jpg
扇書:表千家13代家元 即中斎
d0377709_14123803.jpg

d0377709_14120918.jpg
見わたせば 花も紅葉も なかりけり
浦のとま屋の 秋の夕暮れ
 (藤原定家)

徳力富吉郎
画銘:大原
d0377709_14123107.jpg
表千家堀内宗心兼中斎お抱え絵師
粉川洛木
画銘:東山

by tsubakitei | 2018-11-02 14:19 | 室礼(しつらえ) | Comments(0)

温石

茶の料理は懐石(かいせき)。普段の一般料理は会席(かいせき)料理。
でも我が店には茶室と水屋と庭があり茶事の専用料理ができるから懐石椿亭。でも最近は、どこのお店のパンフレットにも懐石と表示。これがちょっと困ります。懐石はあくまでも温石。初釜お待ち申します!
d0377709_18041903.jpg

by tsubakitei | 2018-10-25 18:04 | 料理(懐石・茶懐石) | Comments(0)

茶懐石の料理の器

日本料理の食器の形、色の美しさなどは料理を引き立てて楽しい食事の場を作り料理を美味しくする大切な要素です。
日本の食事は、箸を用い入り、すべての食器を卓上から持ち上げて頂きます。
器自体に直接に口をつけます。漆器・陶器・竹製品などの食器を持ち上げたときの感触や手触りも一緒に食事の中で頂きます。
西洋の食器の使い方は、食器を一切持ち上げていただきません。
最近の日本の核家庭では、ワンプレートで食事を済ませる事が多くなりまして日本の食文化が絶え様としています。
健康の為にも発酵の食品を生み出した食(ご飯+お味噌汁+主菜+副菜)を楽しんでいただきたいです。
d0377709_19543070.jpg
乾山写


by tsubakitei | 2018-10-02 20:07 | 陶器と漆器 | Comments(0)

メニュ(献立)と言うものは、決まり事があります。
懐石(かいせき)と会席(かいせき)のこの両者は、まったく別物であります。
献立とは、走り・旬・名残りの食材を料理化することが望ましいのです。手作りで仕上げる懐石椿亭の料理は、多量生産ではなくご予約を頂いたお客様の特別料理であります。

各コース料理単価は、年中同じ価格設定である為、生の新鮮な素材である魚・野菜等の価格は、常に毎日変動(気象気候変動や需要と供給のバランスにおいて価格が変わる)しており、その条件の中で料理を思案し構築していきます。
料亭の料理とは、このような考えにてお客さんにお出しするものと心得ております。
したがって和風レストランではございません。
素材価格の変動の無い冷凍食材を使わない我が店においては、1ケ月前~2週間前等から献立を立てませんのでご了承願います。
ご予約の際、各アレルギーを持つ方は遠慮なくお申し付けください。
尚、当店はアレルギーに対する別料金は頂きません。


by tsubakitei | 2018-09-20 16:55 | 料理(懐石・茶懐石) | Comments(0)

富山市常盤町9-5 懐石椿亭本店 ☎076-425-5544 ■富山市八尾町東町2223  越中八尾店 ☎076-454-2366 URL https://www.tsubakitei.co.jp