初釜

考えることがなく心が空っぽになってる時に点ずる。
点ずる=お点前
これが茶の点心の語源らしいです。
本日は前茶の茶事
不審庵形式です。(不審庵でお濃茶→のちに残月亭て懐石と薄茶に移行)
前家元:而妙斎宗匠の喜寿の祝い茶事も前茶の茶事でした。
炭点前
お主菓子
お濃茶
懐石・点心(あつもの→向附→強肴→半月盛→飯・汁お碗)
お薄
の流れにて候
d0377709_15225405.jpg
d0377709_15224157.jpg
加減酢にて候
d0377709_15222237.jpg
ふきのとう味噌・牡蠣・遠山慈姑・鰆西京焼き・玉子巻・蓬麩田楽
海老芋・たけのこ・堀川牛蒡・梅抜き京人参・菜種・木の芽
わらび烏賊・葡萄豆・車海老・香の物・紅白水引

d0377709_20313077.jpg

by tsubakitei | 2019-02-20 15:24 | 出張茶懐石 | Comments(0)

雨水


明日の表千家吉祥会さまの茶事の打ち合わせとしています。
青漆爪紅紹鴎棚でのお点前
表千家理事がお越しになります。
d0377709_20300562.jpg
古燗寒泉湧 書:即中斎宗匠
 
d0377709_18040928.jpg
雛香合
d0377709_18243465.jpg
雨水にお雛様を飾ると良縁に恵まれる言い伝えがあります。
写真がぶれましてごめんない

by tsubakitei | 2019-02-19 18:23 | 出張茶懐石 | Comments(0)

茛盆 火入の灰作り 

奥が深い灰作り
d0377709_19391068.jpg
灰を漉す。乳鉢で何度となく摺り粘りを出す。
仕上がりが茶暦を物語る物です。
d0377709_19372320.jpg

by tsubakitei | 2019-01-29 19:43 | 茶道の精神 | Comments(0)

お茶事を催す席主になるまでの道のりは、数十年もかかるものです。
故に、一期一会でもてなすってことです。
もてなすとは、人に合わせることです。
d0377709_12103550.jpg


d0377709_12103533.jpg


d0377709_12103502.jpg


d0377709_12103562.jpg


d0377709_12144508.jpg


d0377709_12152502.jpg


d0377709_12150868.jpg


d0377709_12150001.jpg

by tsubakitei | 2019-01-21 12:16 | 料理(懐石・茶懐石) | Comments(0)

茶事の道具 貸出

d0377709_18000621.gif



懐石椿亭が所時している茶の湯の道具類
お茶事必要な道具を提示しております。
この他に、たくさんの道具があり
書ききれませんのでお問合せください。
電話076(425)5544



by tsubakitei | 2019-01-13 15:00 | 貸出 椿亭 茶事道具リスト | Comments(0)

廻り炭 七事式 稽古

巴半田
d0377709_17485713.jpg
筋半田
d0377709_17495023.jpg
d0377709_17490781.jpg
d0377709_17494285.jpg
私が亭主 正客は私の挨拶を受けて次ぎ礼をして道具畳に行き炉の正面に座ります。
正客は炉の炉の中の炭を揚げて自分の炭を継ぎ末座へつきます。


by tsubakitei | 2018-12-18 18:00 | 茶道の精神 | Comments(0)

曳き舟

表千家如心斎・堀内仙鶴・川上不白の三人が淀川を溯り京へ向かう(絵)
12月13日の事始に飾られます
画賛:表千家堀内流 兼中斎 堀内宗完
d0377709_20422038.jpg
椿亭本店の室礼

by tsubakitei | 2018-12-02 20:47 | 室礼(しつらえ) | Comments(0)

夜咄 一心庵

d0377709_16451723.jpg
茶室の扁額は自筆(一心庵)が決まり事
お茶を楽しみ、皆さんで一心に向き合う精神を庵の名前にしました。
d0377709_17182624.jpg

一心庵 三帖
d0377709_16452008.jpg
竹檠
d0377709_16453470.jpg


d0377709_17155720.jpg

by tsubakitei | 2018-12-01 16:48 | 茶道の精神 | Comments(0)

夜咄

前茶にて一服
懐石椿亭 本店茶室にて
d0377709_18182352.jpg

後座
d0377709_10531362.jpg


d0377709_18183150.jpg
火相

d0377709_16082875.jpg
雀瓦
本来の障子は笹戸を使用

d0377709_18182759.jpg
短檠

d0377709_18183440.jpg
露地

d0377709_12010498.jpg
小間・草庵に使用する竹檠


by tsubakitei | 2018-11-27 18:19 | 茶道の精神 | Comments(0)

茶事は夜咄であがり候

夜咄(よばなし)とは茶事七式 師走12月から始まり寒を迎え3月まで催されます。
ゆらぐ和蝋燭の灯火や短檠が醸す席入りは、風情があり別格の茶事のあじわいです。
客をもてなす文化の最高峰が夜咄。
d0377709_16082875.jpg
簡単に話せば懐石は、料理コンクールではないと言う事です。
懐石における亭主はすべてにおいて黒衣なのです。

d0377709_13090398.jpg
四畳半以下の小間での夜咄は、竹檠と炉縁・引き盃なども道具が変わります。

私がこまごま言うのはおこがましいですが、この国の文化そのものは、重ねから来ております。平安の十二単衣にみられるように色と色の重なりが我々の日本文化の原点。道具の配置の位置・器の重ね使いを取り合わせと言います。唐紙の襖に手がかり(模様)も重ねの一つ。この様々な生活様式のすべてが茶の湯でありお客に心を伝えるツールとして現代に生きております。そして、素材が悪ければ一閑張りのように和紙を重ねて美を生み出す。白身魚を昆布に重ねて、味に深みと歯ごたえを与える。すべてにおいて陰陽の重ねですから深いものです。

by tsubakitei | 2018-11-26 13:25 | 茶道の精神 | Comments(0)

富山市常盤町9-5 懐石椿亭本店 ☎076-425-5544 ■富山市八尾町東町2223  越中八尾店 ☎076-454-2366 URL https://www.tsubakitei.co.jp
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31