茶懐石の料理の器

日本料理の食器の形、色の美しさなどは料理を引き立てて楽しい食事の場を作り料理を美味しくする大切な要素です。
日本の食事は、箸を用い入り、すべての食器を卓上から持ち上げて頂きます。
器自体に直接に口をつけます。漆器・陶器・竹製品などの食器を持ち上げたときの感触や手触りも一緒に食事の中で頂きます。
西洋の食器の使い方は、食器を一切持ち上げていただきません。
最近の日本の核家庭では、ワンプレートで食事を済ませる事が多くなりまして日本の食文化が絶え様としています。
健康の為にも発酵の食品を生み出した食(ご飯+お味噌汁+主菜+副菜)を楽しんでいただきたいです。
d0377709_19543070.jpg
乾山写


by tsubakitei | 2018-10-02 20:07 | 陶器と漆器 | Comments(0)

台子皆具

風炉:台子(又は 長板)
台子または長板の一つ置きの場合
表千家流の男子の点前と裏千家流の女子の点前と若干類似します。表千家流派は建水を進める前にご挨拶。裏千家流は建水を進めてからご挨拶。
左手に柄杓を構え、右手で蓋置(親指は蓋置正面)を、正面右向きにして風炉の左側手前(地板の上)に置く。
柄杓を右手に持ち直し、蓋置に真横(地板の上)に引く。表千家流女子は、柄杓を建水に戻し、右手に持った蓋置を左手の上で正面を直し、右手で置く。柄杓を左手で取って、右手で蓋置に真横に引く。裏千家流は表千家流男子の如し。

台子(又は長板)の場合、柄杓の節は、風炉の中央辺りに来る。
水指の蓋を閉めた後、拝見があっても、なくても、湯返しをした柄杓・蓋置を先ず飾る。座り火箸に立ち火箸を忘れずに。

先ず、右手で柄杓を取り、構える様に左手に持ち替え、右手で左手の少し上(節の少し上)を持ち、左手を柄杓の切り止め近くに下げて(横からではなく、上から持つ)、左手で柄杓を地板の上、左側に、柄杓の合を仰向けにして縦に置く。柄杓の柄の先は地板から少し手前(五分ばかり)に出る。

その後、蓋置を右手に取って、左手の上で正面を前になる様に持ち替えて、柄杓の右側に置く。柄杓の柄から蓋置一つ弱位見計らって離す。
蓋置の向う三分の一位が柄杓の節となる。
d0377709_10562161.jpg

皆具 葡萄棚文 祥堂   火箸 木村清五郎

by tsubakitei | 2018-09-22 11:16 | 茶道の精神 | Comments(0)

Webサイトのセキュリティ強化が求められておりWebサイトの真正性の証明がこれからは必要となります。
私は、コンピュータプログラミング・ホスティング・HP制作担当も兼ねておりますので自己でのSSL/TLS(Webサイト全体の通信を暗号化)を実装いたしました。ご安心してご覧頂けます。また、懐石椿亭ホームページ:Webでの予約におきましても、個人情報は暗号化されますのでご安心してご利用いただけます。
https://www.tsubakitei.co.jp
d0377709_13493656.jpg


by tsubakitei | 2018-07-28 11:13 | コンピュータ | Comments(0)

日本の総合芸術と言われる茶の湯
茶懐石と共に和敬清寂の世界へ誘います。
d0377709_17475010.jpg
一期一会

d0377709_17462760.jpg

d0377709_17461652.jpg

d0377709_17464030.jpg


d0377709_17470042.jpg

d0377709_17470857.jpg

d0377709_17472661.jpg
懐石-初炭-中立ち-濃茶-後炭-薄茶

d0377709_17522662.jpg


by tsubakitei | 2018-07-06 17:51 | 料理(懐石・茶懐石) | Comments(0)

月のおもしろかりける夜
暁がたによめる

夏の夜のまだよひながら明けぬ
るを雲のいづこに月やどる
らむ

夏歌
d0377709_12082383.jpg
藤原 行成筆
d0377709_12083223.jpg
訳文
今夜は宵の口だと思っていたら、
そのまま空が明るくなってしまい、
これでは
月が西に沈む暇があるまい。
月はどの雲に
宿を借りているのだろう。


by tsubakitei | 2018-06-29 12:24 | 室礼(しつらえ) | Comments(0)

米寿・大切な方を招く為の道具
d0377709_11222325.jpg
お茶碗
d0377709_11220630.jpg
朝鮮唐津 書付 表千家13代即中斎
d0377709_11221406.jpg
花橘 楽入
d0377709_11215885.jpg
水上青々翠
d0377709_11214941.jpg


d0377709_12033447.jpg


d0377709_12035727.jpg


by tsubakitei | 2018-06-22 11:27 | 茶道の精神 | Comments(0)

本日は利休忌
利休が大阪堺に蟄居させらる当日は淀川の川縁には
一面に菜の花がたくさん咲いていたとの事です。
利休を川縁で見送った織部と細川忠興の師を想う
寂しい心が菜の花を見ると窺がわれます。
また、利休が切腹する日の茶室には菜の花が活けてあった
とも言われてます。ですので別名、菜の花忌とも言います。

葭(よし)の六曲屏風は如心斎の好みで
各曲に掛花入れを掛ける事を想定しています

花寄せ現在進行形

中国の漢の時代に風除け道具として用いられて
南北朝時代には屏風が装飾品へと進化を遂げました。
日本最古の屏風は683年に新羅王より日本へ献上され
現在、正倉院に保管されてます。
d0377709_10214495.jpg
d0377709_16192169.jpg
花寄せ屏風は、利休忌や天然忌と
七事式(表千家第7代如心斎と実弟裏千家第8代一燈宗室との考案の為、表千家と裏千家のみの作法である)
に使用する花を飾る屏風である。
※天然忌とは9月13日に行われる表千家中興の祖である如心斎を偲ぶ行事です。
※七事式とは 茶の湯の精神、技術をみがくために制定された稽古法。
  •  (かずちゃ
  • 廻花(まわりばな)
  • 廻炭(まわりずみ)
  • 且坐   (さざ)
  • カフキちゃかぶき)
  • 一二三(いちにさん)
  • 花月  (かげつ)
  • 合計 7つの作法
「七事」は『碧巌録』(臨済宗にて重んぜられる北宋圜悟の書、宗門第一の書とも)にみえる「七事随身」(指導者としてそなえるべき七つの徳)の語にちなみます。

by tsubakitei | 2018-03-27 16:27 | 室礼(しつらえ) | Comments(0)

大徳寺納豆を豆粉の中に包んで入れると有名なお干菓子の京都 如心納豆(如心斎考案)になります。

表千家第7代家元 如心斎(じょしんさい)は
第6代家元覚々斎(桝床茶室を考案)の長男

私が作ったお菓子を如心落雁と命名したら
頭が高いと怒られそうですが・・・
椿亭本店で懐石の最後のお薄と共にお出しします。

余談ですが如心斎は実の弟である裏千家第8代家元一燈宗室に
家元制度の確立のために定め書きをしました。
「表千家と同じ事をしてはならない」と

d0377709_15230764.jpg
お干菓子
お菓子の中の中心に大徳寺納豆が丸めて射込んであります。
d0377709_14375367.jpg

by tsubakitei | 2018-03-20 15:30 | 和菓子 | Comments(0)

富山市常盤町9-5 懐石椿亭本店 ☎076-425-5544 ■富山市八尾町東町2223  越中八尾店 ☎076-454-2366 URL https://www.tsubakitei.co.jp
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31